アンバサダーダッシュボード

自社の「アンバサダー」を見つけ、つながりを作る!

 お問い合わせはこちら

アンバサダーダッシュボードとは?

図:アンバサダダッシュボードスクリーンショット

この数年、ソーシャルメディアの発展に伴いユーザーの行動に大きな変化が生まれました。その象徴が個人の発言が共有され、大きな輪となって拡がっていくという現象です。これにより、自分の好きな企業やブランドについて積極的な発言や推奨を行うだけでなく、ほかのユーザーへのサポートやブランドの擁護まで自発的に行うユーザーの存在が可視化され、企業はファンと繋がる機会が拡大しています。

AMNではこのような「ブランドについて積極的に関わり、発言・推奨する熱量の高いユーザー」を【アンバサダー】として定義しています。

アンバサダーダッシュボードは企業が持つ様々なユーザーデータを集約し、分析することでアンバサダーの発見に繋げ、さらに発見したアンバサダーと繋がることができるサービスです。

アンバサダーとインフルエンサーの違い

図:アンバサダーとインフルエンサーの違い

弊社では「インフルエンサー」は文字通り影響力がある人と定義し、企業、製品、ブランドが好きかどうかは別問題であると考えています。一方、「アンバサダー」は影響力は差し置いて、企業、製品、ブランドについて積極的に関わり、発言・推奨する熱量の高いユーザーであると考えています。

アンバサダーダッシュボードの機能概要

図:機能概要

アンバサダーダッシュボードには、ソーシャルメディアキャンペーンの参加者データ、オフラインで実施したユーザーイベントの参加者のデータ、モニターキャンペーンへの参加者のデータなどあらゆるデータを一元管理して、分析することで、アンバサダーの発見に繋げることが可能になります。分析には、AMN独自のソーシャルメディアインパクト測定ツール「user chart(ユーザーチャート)」を活用します。

 お問い合わせはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加