新春特大号:vol.035

鈴木さん、こんにちは。

どうも、せっかく遊びにおいで下さったのに、こんなに何も、あいそが無くては、私のほうでしょげてしまいます。お酒でもあるといいんだけど、二、三日前に配給されたお酒は、もう、その日のうちに飲んでしまって、まことに生憎あいにくでした。どこかへ飲みに出たいものですね。

一つ、説明してあげましょうか。下手な紙芝居みたいになるかも知れませんが、笑わずに、まあ聞き給え。  あまり古い写真は無い。前にも言ったように、移転やら大掃除やらで、いつのまにか無くなってしまいました。アルバムの最初のペエジには、たいてい、その人の父母の写真が貼はられているものですが、私のアルバムにはそれも無い。

この、三列目の端に立っている小柄な生徒、この生徒だけには、どうしてもかなわなかった。こいつは、出来た。こんな、ぼんやりした顔をしていながら、実に、よく出来た。意気込んだところが一つも無くて、そうして堅実だった。
詳細はこちら »


この町のこうした情調に酔いつゝある間に俥は姉の家へ這入るべき路地口へついた。蝶のように袂をひらめかしながら飛んで来た小娘が「随分待ってたのよ」と云う、それは妹であった。

家に入ると、姉は私を待ちあぐんで、既に独酌の盃を重ねているのだった。私も早速盃を受けて何杯かを傾けた。

お申し込みは、こちら

一つ、説明してあげましょうか。下手な紙芝居みたいになるかも知れませんが、笑わずに、まあ聞き給え。  あまり古い写真は無い。前にも言ったように、移転やら大掃除やらで、いつのまにか無くなってしまいました。アルバムの最初のペエジには、たいてい、その人の父母の写真が貼はられているものですが、私のアルバムにはそれも無い。

今月の特集

俳句などには何の理解も持たぬ姉ながら

旨そうな油の香を四辺に漂わしながらジウジウと音をさせている天ぷら屋 »

既に独酌の盃を重ねているのだった »

鶉來鳴く障子のもとの目覚めかな »

相前後して入相の大太鼓を打ち初めた »

この町のこうした情調に酔いつゝある間に俥は姉の家へ這入るべき路地口へついた。蝶のように袂をひらめかしながら飛んで来た小娘が「随分待ってたのよ」と云う、それは妹であった。

家に入ると、姉は私を待ちあぐんで、既に独酌の盃を重ねているのだった。私も早速盃を受けて何杯かを傾けた。

弊社のSNSアカウント:



Google +

ご連絡先:

電話:03-0000-0000(代表)

メール:hseldon@trantor.com



このメールマガジンの登録解除をご希望の方は、xxxxxx@xxxx.comまでご連絡ください。

利用規約 | プライバシーポリシー